受験に役立つコラム

受験生を食でサポート!⑧

2021年12月1日
執筆:受験フードマイスター 西川満希子さん

全国の受験フードマイスター(*)が「体験談とおすすめレシピ」を紹介するシリーズです。 今回は、西川満希子さんです。

私は、花にある花言葉のような野菜の言葉「ヤサイコトバ」作家として活動しています。

野菜や果物に縁起の良い言葉をつけることで、「食べるお守り」にして欲しいという発想は、わが子の受験や試合の経験がきっかけです。

体にやさしい野菜でゲン担ぎしてあげたかったのです。

これまで実際使ってきた、ヤサイコトバで「食べるお守りになる野菜」を少しご紹介します。

生姜 「合格一直線」

里芋 「努力の実り」

小松菜 「吉報」

ほうれん草 「勝利」

風邪予防、胃腸の調子を整える、ストレスの緩和などを意識し、体と心の栄養にもなるよう、これらの野菜でゲン担ぎを実践しました。

例えば、豚の生姜焼きは、「とんとん(豚豚)拍子に合格一直線(生姜)だよ」なんて、言いながら食べました。

つまらないダジャレのようですが、苦笑でもいいから笑わせて、ストレスを緩和させ、脳を活性化だ!という企みです(笑)。

受験のようなシーンで、家族そろってとる食事の温かい思い出はお子さんの心もはぐくんでいきますよね。

ぜひ家族で話食(わしょく)を楽しみながら、乗り越えてください。

顔晴れ(がんばれ)受験生。がんばれサポーター

 

☆☆ここ一番の必勝メニュー☆☆
▼合格芋

〈材料 2人分〉

・サトイモ 6個
・揚げ油  適量

「ソース」
・鶏がらスープ 50ml 
・白みそ    大さじ1

・みりん    小さじ2
・バター    15g 
・レモンの皮  少々

〈作り方〉

サトイモは五角形に皮を向き、水にさらしてぬめりを取り、ふきんなどでよく水気をとり、180度の油で箸がすっと刺さるくらいに、素揚げする。

②フライパンにバターとレモンの皮以外のソースの材料を入れて、中火で加熱しながら混ぜ合わせ、火を止めてバターを入れ、揚げたサトイモにかけ、レモンの皮をすりおろしたものを添える。

 

*受験フードマイスターとは、毎日の食事を通じて受験生をサポートし、受験当日に最高のパフォーマンスを発揮するためのコンディション作りを学んだスペシャリストです。
お子さんの年齢や試験当日までの期間に合わせ、食事で気をつけるべき点を学び、受験生の心と身体の健康を食で応援することをめざします。
(受験フードマイスター協会認定資格)

 

PROFILE 西川満希子(にしかわ・まきこ)

山口県在住
受験フードマイスターであり、「野菜はカラダの栄養に。ヤサイコトバは心の栄養に。」が
モットーの野菜ソムリエ上級プロ。
花言葉のような野菜の言葉「ヤサイコトバ®」を考案。
日頃は地元の道の駅で、地産地消レストランのシェフをつとめながら、料理番組等で、ヤサイコトバを使った野菜料理を紹介している。
2021年野菜ソムリエアワード金賞受賞

 

PAGE TOP